Sharp半導体レーザ

Filed in Uncategorized Leave a comment

Sharp半導体レーザ

What’s the difference between TTL and analog laser color control?

Filed in レーザーモジュール Leave a comment

What’s the difference between TTL and analog laser color control?

In the context of laser projectors, the terms TTL and analog refer to the modulation of the laser diodes, or put another way, how the lasers turn off and on.

TTL stands for “Transistor-Transistor Logic,” and is another way to say that the laser diode modulates digitally, and it’s always either 100% on or 100% off, never anywhere in the middle. TTL laser diodes are generally cheaper, and in some situations can appear brighter than a system of analog-modulated laser diodes with the same peak power level. TTL laser diodes are usually used in lower-cost, entry-level systems where maximum brightness is required at all times and you don’t need a wide color palette. An RGB laser projector system with TTL modulation can only make 7 color combinations; red, green, blue, yellow, cyan, magenta and white.

 


Analog modulation means that the laser diodes can do more than just turn to 100% on or 100% off, and can emit laser at a large range of power levels. Analog-modulating diodes are the industry standard for galvanometer-based projectors, and while costing a little more than TTL diodes, analog diodes offer a much wider color palette than TTL systems. Analog modulation also allows you to fade the laser beams in and out, which gives you a lot more creative control for your show programming. Analog systems can create anywhere from dozens to thousands of possible colors, depending on the specifications of the system.

 

Frequently, if a laser is said to be “seven-color,” its diodes are TTL, and analog diodes usually go with lasers said to have “1,000+ colors.” For example, our Caliente Aurora’s diodes are TTL, and our Skywriter HPX has analog diodes.

青色レーザビームエキスパンダー

Filed in Uncategorized Leave a comment

青色レーザビームエキスパンダーは3x,5x,10xの拡張選別があり、レーザビームエキスパンダーはレーザースキャンとか、测量の干渉や遠隔探査シンポジウムの応用される。

 

1440nm 2W Cマウント高出力レーザーダイオードIOC-1440-020-211

Filed in Uncategorized Leave a comment

発光ダイオード

Filed in Uncategorized Leave a comment

DPSSイエローレーザー

Filed in Uncategorized Leave a comment

光波測距儀

Filed in 光波測距儀 Leave a comment

レーザーポインターの仕組み

Filed in Uncategorized Leave a comment

  1. レーザーポインターは、主に半導体レーザーを利用した器具で、通常の光の特性では難しかった高精度の位置情報の取得、レベルや距離の割り出しが可能となりました。計測・測量の面から見て、レーザー光は制御しやすく高速で高精度という利点が多くあり、現在では様々なレーザーを使った機械やサービスがあります。プレゼンテーションや教育の場で、印刷ないし書き示された図表やプロジェクターで表示した映像などの一点を指し示すために利用される。その多くは乾電池および二次電池を電源として動作する道具で、様々な場で利用されている。
  2. レーザーポインターで照射できる距離は、機種や光線の色によって異なります。赤色のレーザーポインターは、現在では主流のタイプです。価格がリーズナブルで、製品の種類も豊富にあります。比較的電池の持ちがいいため、頻繁にレーザーポインターを使う方にもおすすめです。赤色の光線は、波長が635~690nmほど。小さめの会議室や教室で使うのに適しているタイプです。緑色のレーザーポインターは、赤色よりも視認性が高く、照射距離も長いのが特徴。大人数が入れる会議室や、ホールのような広い空間でのプレゼンにおすすめです。また、明るい場所でも見えやすいので、指し示したい箇所をしっかり照射できます。なお、使用時の推奨温度が約15~35℃のため、暑すぎたり寒すぎたりする空間では出力が安定しません。青色のレーザーポインターは、赤色や緑色に比べるとなじみが少ないアイテム。きれいな色合いが特徴です。化学・医学分野では活用されていますが、一般的なビジネスシーンではまだ珍しいため、プレゼンで使用すれば興味をひくこともあるかもしれません。ただし、青色光線は3色のなかでは高価。また、ほかの色よりも暗くなりがちなので、高出力のモデルを選ぶのがおすすめです。
  3. 暗い場所でも示している場所が分かりやすいです。指し棒の届かないような遠距離でも指せます。危険な箇所でも指し示すことができます。軽くて扱いやすいです。

 

SLD1134半導体レーザー 650nm 5mW

Filed in Uncategorized Leave a comment

sld1134

 

緑色レーザーモジュール厚ビーム 50mW-200mW

Filed in Uncategorized Leave a comment

TOP